こちらはミネルヴァ・ホールディングス株式会社のホームページです。
3秒後にミネルヴァ・ホールディングス株式会社のホームへ自動的に移動します。
移動しない場合はこちらをクリックしてください。

 
本件に関するFAQ

トップ > 本件に関するFAQ > 対象となるお客様へのお詫びにつきまして > 事件発覚から発表まで日数を要したことにつきまして
 
 事件発覚から発表まで日数を要したことにつきまして

このたびは皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。
7月9日に事態が発覚しましてから8月6日の公表まで長いお時間を要しましたことにつきまして、お客様から詳細な説明を求める声を多数頂戴いたしました。
遅まきながら、以下ご説明させていただきたく思います。


■セキュリティ対策につきまして

7月10日時点で外部からの不正アクセスの痕跡を発見した際、すぐさまお客様にお知らせする必要性を弊社としましても強く感じておりました。

ただ、公開するだけではお客様に対して混乱を与え、お問い合わせに対しても全てにお答えすることができず、説明責任を果たし得ないと考えました。

まずは被害拡大の防止のため、システム内のクレジットカード情報の削除や、クレジットカード決済の一時停止、外部からの不正アクセス防止策に注力。その後、弊社システムのセキュリティ対策改善の実施を行いました。
こちらがおおむねの解決をみたのが7月22日でした。


■個人情報の流出の可能性の範囲特定作業

7月18日、不正アクセスの内容について弊社のお客様のデータをお預かりする「顧客マスター」が不正に閲覧された痕跡が確認されました。
閲覧された痕跡はあったものの、流出したと確認できるような証拠は見あたりませんでした。
ですがやはり流出の可能性は否定できなかったため、不正アクセスによる被害としまして個人情報流出の可能性について、その規模の特定作業に入りました。

これは、流出の可能性のあるお客様全員にご連絡をさせていただくために必要な作業でした。
流出の可能性のあるデータの件数が65万件強と膨大であったため、名寄せ作業等時間がかかり、最終的には7月28日、流出の可能性のある最大値として数字を確定させました。


■お客様対応窓口の準備

お客様への窓口の準備は7月23日から準備を開始、公開に向けて進めておりましたが、流出の可能性として65万件という大変大きな数字となったため、大規模なお問い合わせ窓口の準備が必要となりました。
窓口を担当するスタッフへ対応方法のレクチャーなど、お客様に正確に情報をお伝えし混乱を最小限にするため、最速で準備を進めましたが8月6日に公開となりました。

8月6日に公開させていただきましたが、準備に至らぬ点がありお客様には大変なご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、謹んでお詫び申し上げます。
上記以外のご質問につきましては専用お問い合わせ窓口より承っております。
戻る
↑ページ上部へ